戸建てのメンテナンス

>

まとめて考えると

10年目のメンテナンス

10年目に考えたいメンテナンスとしては、まず外壁の目地の補修、サイディングの補修、そして屋根材の点検、塗装、補修があります。

その他には門、フェンス、庭などの点検と補修、雨どいの点検と補修、換気設備の洗浄などがあります。

また、壁紙のクロスの補修なども出てくるかもしれません。

前述した白アリ対策以外は、10年目にメンテナンスを考えて問題はなさそうです。

家を建ててくれた施工会社にメンテナンスまでお願いしたいところですが、そうすると、金額が高くなってしまう場合が多いので、もう少しリーズナブルなメンテナンス会社を探してみるのも良い方法だそうです。

色々な会社が住宅のメンテナンスを行っていますので、必ず見積もりも何社からか取って、考えて見られることをお勧めします。

10年から15年目のメンテナンス

新築から15年たちますと、エコキュートなどの給湯器も、交換時期になります。

外壁は塗り替えの必要も出てきます。
バルコニーがあるお宅では防水の張替えも考えられます。

その他、雨どい、フローリング、水回り、玄関のドアや室内のドアの点検や補修、畳も交換する必要がある場合が出てきます。

家を建てた後にかかるお金まで準備していない方も多いかもしれませんが、このように、時間が経つにつれてメンテナンスが必要な場所も増えてきますので、日頃から、お金がある程度かかることを念頭に生活していたほうが何かと安心です。

ローン返済などで大変だと思いますが、一応家のメンテナンス費用がかかる…ということを前提に家のメンテナンス費用を準備していく方が、良いようです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑